グレードがある

ダイヤモンドのグレード評価とは

ダイヤモンドのグレード評価とは、基本的に「4C」で評価されます。「4C」とは、Cut(カット)、Clarity(透明度)、Carat(カラット)、Color(色)です。これらの頭文字をが全て「C」で4つあるから4Cと言います。カットは、プロポーションでダイヤモンドの持つ輝きを如何に出すかはカットで決まります。最上級グレードは、エクセレントです。ダイヤモンドはキズや欠け、内包物の大きさや場所で透明度が変わります。その評価を透明度で表し、最上級グレードはFLです。色は、ダイヤモンドそのものの色の評価です。基本は無色透明ですが、わずかに黄色や茶色などがあると評価は下がります。最上級グレードは、ダイヤモンドの頭文字のDです。最後にカラットですが、これは重さです。1カラットは約0.2グラムです。ダイヤモンドの小粒は市場に多く出回っていますが、大粒は稀少で高価です。これら4つの要素を総合評価して買取価格が決まります。

実際に買取価格の付け方

ダイヤモンドの買取価格の付け方ですが、基本的な考え方では、4つのグレード評価(4C)を基準に金額を算出します。しかし、4つの組み合わせで買取価格も大きく変動しますので査定は慎重に行わなければいけません。鑑定書がある場合は、その鑑定書を参考に買取金額を算出すれば良いのですが、鑑別書でも色々あります。信用できる鑑別機関が発行している物から独自でオリジナルの鑑定書を発行している場合もありますので、買取時には、その鑑定書の信用度にも注意です。鑑定書がない場合は、ルーペやペンライトなど鑑定機器を使用して、鑑定していきます。基本的には、4Cが重要ですが、蛍光性も買取価格に大きく影響しますので、必ず蛍光性もチェックしましょう。強い蛍光がある場合は、価値が下がりますので注意して下さい。実際の買取価格を決めるポイントは、カット、透明度、カラット、色、蛍光性ですので、これらをしっかり見極める真贋能力が重要です。